当初より変更を加えたいとき

注文住宅を建てるときは業者としっかり打ち合わせをして設計図を作成してもらいます。設計図からどんな住宅になるかを3D画像等を作成してもらえば、建てられる前でも何となく住宅の雰囲気がわかります。後は完成を心待ちにするだけでしょう。打ち合わせの時にしっかり希望を伝え、見せてもらった完成予想図も当初は気に入っていたが少し気持ちが変わるときがあります。間取りを変えてもらいたい、設備を変更したい、壁紙の色を変えたいなど工事が始まって出てくる希望もあるはずです。その時は建築現場に行って業者に話すと良いでしょう。間取りの変更となると大きな変更になるのでできないときもありますが、設備の変更は発注前なら可能ですし壁紙も貼る前ならできるかもしれません。

建築上の問題がないかのチェック

注文住宅が完成すればいよいよ住み始めますが、住み始めてから気になる問題が出てくるかもしれません。何となく家が傾いていると感じたり、するはずのない音がするなどがあった時はすぐに業者に相談しましょう。現在は一定の保証があるので工事に不手際があったときは修繕などの対応をしてもらえます。いくら無償で修繕してもらえると言っても問題が見つかると、その他にも問題がないか不安になってきます。これを防ぐためにも建築現場に行って工事の様子を確認しましょう。と言っても建築の素人が工事現場に行っても、どこに問題があるかなどはわかりません。少し費用は掛かるものの専門家の第三者についてきてもらって、問題がないかを見てもらいましょう。問題があれば工事中に見つかりますし、業者もより気を引き締めて工事をしてくれるでしょう。

分譲住宅を選ぶ時は、展示場に出向いたりパンフレットをきちんと読んだりして立地や間取りをしっかりと確認しましょう。